広島の砂に原爆ドームを刷る 山田彊一パフォーマンスアート作品より

最近、僕が気にいっているパフォーマンスアート作品の紹介
 以前このブログにも書いたが、30代のころ僕は様々なパーフォーマンスアートを行っていた。40代になると美術館展示可能な作品にもどっていったが、それでも時々はパフォーマンスアートを行ってきた。その中から最近行ったものを紹介したい。

<広島の砂に原爆ドームを刷る>

 2007年8月6日 午前8時15分(広島に原爆が投下された時間)アメリカのスミソニアン航空宇宙博物館(広島に原爆を投下した戦闘機エノラゲイが展示されている)の前庭でパフォーマンスを実施。

原爆ドーム前土の採取に取り掛かる
写真右:アメリカに行く前、広島に行って原爆ドーム前の土の採集に取りかかる僕 手にはスコップ

 この行為は、日本より持ち込んだ広島の原爆ドーム前の土を、スミソニアン航空宇宙博物館の前庭に撒き、キャンパスに見立てて、その上に原爆ドームをシルクスクリーンで印刷するというもの。
原爆ドームを印刷した土は、粉砕してスミソニアン博物館の庭にばらまいてきた。
広島の原爆に汚染された土を、それを生み出した戦闘機のおかれている博物館の前庭に返却したことになる。

採取された広島の土
写真右:採取され袋に入れられた広島の土

 9.11の同時多発テロ以降、この博物館でも監視が非常に厳しくなり、監視員に見つからないように実施するのはなかなか大変だった。
なお、この時の実際の写真などはまたのブログで紹介したい。







同様のパフォーマンスを
2008年にも愛知県美術館にて実施。


写真下:愛知県美術館で実施した作品広島の土に原爆ドームを刷る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ブログの開設、おめでとうございます!
自分もやってみたいなあ~と、思いながら、
なかなかスタートできません・・・
早速、「お気に入り」に登録しました!

PS 広島は、今年の2月に夫婦で行ってきました。
原爆ドーム&資料館は、何度見ても何とも言えない重苦しい感じがしますね。

スミソニアン美術館での写真

ブログ開設おめでとうございます。

僕は新事業に手を出してボロボロです(笑)
先生に相談すると”なもん、儲かるはず無いがや!”と一蹴されますよね。

スミソニアン美術館での活動の写真がシニカルに撮られてると
良かったのでは? と残念です。
カウンター(since2011.1.1)
プロフィール

絵描きの山彊

Author:絵描きの山彊
山田彊一プロフィール
1964「ニューヨーク,日本人アーティスト14人展(最年少で選抜される。脇田和氏らと) 
1967 第6回シェル美術展(佳作賞)
1981 第3回中日美術展(大賞)
1982 第4回エンバ美術賞展(優秀賞)
1983 第5回宇部絵画トリエンナーレ展(優秀賞)
1984 第5回大阪現代版画コンクール展(優秀賞)
1985 第1回和歌山版画ビエンナーレ展(大賞)
1986 第2回IBM絵画コンクール(大賞)
1989 第11回エンバ美術賞展(準大賞)
1995 第1回中国・北京現代展(優秀賞)
1997 第8回大阪トリエンナーレ展(特別賞)
<著書>
『そして地獄・そして芸術』(ギャラリー安里)
『中学が爆発する』(風媒社)
『きしめん紳士が行く』(風媒社)
『ナゴ・ナラ』(アドア出版)
『おもしろ老後生活術』(黎明書房)
『ピカソはやっぱり名古屋人』(アドア出版)
『僕らにできる教育革命』(アドア出版)
『名古屋力 アート編』(ワイズ出版)  
『名古屋力 妖怪篇』(ワイズ出版) 
『妖怪インニューヨーク』(ワイズ出版)等                   

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR